SPRiNGってどんな雑誌?モデルは?発売日は?

引用:SPRiNG2019年12月号より

 

皆さん、カジュアルなスタイルは好きですか?

カジュアルでシンプルなスタイルが私は好きです。でもある日、友人から「いつも無難な服装だね」と言われて気づいたんです。

カジュアルなスタイルをしているつもりが実は無難なスタイルに落ち着いてしまっていたことに。

カジュアルと無難、無個性は紙一重です。シンプルな大人カジュアルが着たいのに無難だなんて…どうしたら自分らしさが出るの??そんな疑問を抱いた私が出会ったのがSPRiNGです。

なんとなくこうかな?と曖昧な考えでおしゃれをしていた私でしたが、SPRiNGを読むようになってからはカジュアルでありながらも、自分らしいお洒落ができるように成長したんです。

 

今回はSPRiNGについて

  • どんな雑誌?
  • モデル
  • 取り扱いブランド
  • 付録
  • 発売日
  • まとめ

に分けてお話していきます。

どんな雑誌?

SPRiNG

出版社:宝島社

  • 創刊:1996年2月
  • コンセプト:シンプルおしゃれが好き!
  • ターゲット:おしゃれで知的な文化系女子
  • 公式サイト:https://tkj.jp/spring

 

SPRiNGは、創刊当初ナチュラルかわいい系の雑誌として売られていました。当時はナチュかわな雰囲気は需要が高かったですし、当然20代の女性からの支持も多くありました。

しかし、2014年であえてSPRiNGは「モテ」「男性ウケ」を意識したものから、「自分らしいスタイル」「自分が好きな服を着る」と言う形に内容をリニューアルします。

それまで開拓されていなかった新ジャンルにいち早く手を出したというわけです。もちろん、それまで支持していた層が離れていってしまう懸念もあったでしょうし、かなり勇気のあるリニューアルだったと言えますね。

そしてこのリニューアルは大成功します。

一時はそれまでの支持層が離れていってしまったことで売上は低迷しました。しかし、また別の層からの支持がどんどん増えていきます。

方針変更後、なんと2年間で前年比200%以上に売上を伸ばしました。それだけカジュアルでシンプルな路線に需要があったというわけですね。

さらに、ターゲット層を25歳前後から30歳前後の女性まで引き上げることができました。

リニューアルについて、編集長である平澤梢さんは次のように語っています。

リニューアルについて話し合っていく中で生まれたのが、「いま、私たちの読みたい雑誌がないよね」という声でした。他誌をチェックしていると、「モテ」や「愛されヘア」といった男性を意識したワードが多くて。そうではなく、「自分が好きだからこの服を着るんだ」っていうふうにファッションを楽しんでいる女性はもっとたくさんいる気がしたんです。

引用:https://woman-type.jp/wt/feature/6203

 

ナチュかわ系の雑誌が多い中での大幅リニューアルは、とても企業努力が必要だったと思います。それによりターゲット層の引き上げ、需要の多さで売上が伸ばせたことは素晴らしいですね。

それ以降、SPRINGはカジュアル、ナチュラル、シンプル、スポーティやトラッド要素を含むMIXスタイル、メンズライク派の系統を一貫しています。

男性ウケよりも自分らしさを重視したい人や、かわいすぎないコーディネートを目指す人、シンプルなおしゃれを好む人におすすめの雑誌です。

 

モデル

本田翼

Instagram:https://www.instagram.com/tsubasa_0627official/?hl=ja

ブログ:http://star-studio.jp/tsubasa/

 

 

山本美月

INCENT GROUP公式サイトより引用

Twitter:https://mobile.twitter.com/mzkymmtofficial

Instagram:https://www.instagram.com/mizuki_yamamoto_official/?hl=ja

ブログ:https://lineblog.me/yamamotomizuki/

 

 

高橋愛

アップフロントクリエイト公式サイトより引用

ブログ:https://ameblo.jp/takahashiai-blog/

 

など、有名女優も起用されています。

専属モデルはいませんが、女優からファッションモデルまで様々な女性が活躍しています。

 

取り扱いブランド

SENSE OF PLACE

SENSE OF PLACE公式サイトより引用

グローバルトレンドを、ファッション感度が高く好奇心旺盛なすべての男女に向け、より早くよりリーズナブルに展開。
クリアでシンプルな空気を意識したコーディネートを、小物を含めトータルで提案いたします。

 

 

niko and…

niko and…公式サイトより引用

驚きや発見に「であう」、
やがて自分の暮らしに「にあう」。

そんな考えを元に、
服に限らず、家具や雑貨、食、音楽、アートなど、
様々なカテゴリーを
ユニークな視点で切り取り続ける niko and … 

引用:niko and…公式サイトより

 

 

KBF

KBF公式サイトより引用

主張しすぎないシンプルなデザインと、ミニマルで実用性を兼ねたスタイルをテーマに飽きのこないワードローブを提案。

 

 

 

w closet

w closet公式サイトより引用

今の気分を取り入れた、旬のアイテムをかわいく、
カジュアルに楽しみたい…
w closetは、そんな女性たちの
“favorite wardrobe”のようなショップとして、
自分らしく自由にハッピーに生きる女性のための
リアルクローズや、
ベーシックとシーズントレンドを
ミックスしたスタイリングを提案します。

引用:w closet公式サイトより

 

どのサイトも、シンプルでありながらカジュアルで、まさに雑誌の方針通りという印象ですよね。

もちろん上記以外にも様々なブランドを取り扱っています。よく取り扱われるブランドのリンクを貼りますので参考にどうぞ。

アダムエロペアメリカンホリック
アメリカンラグシーエージーバイアクアガール
バナーバレットビーミング by ビーンズ
ファーファーロペピクニック

 

 

付録

雑誌において、付録は重視しますか?

美容院などで雑誌を読んでいると、「わざわざ買う必要ないかも」そんな風に思ってしまうことありますよね。

そんなときは雑誌を買う魅力、それは内容とプラスアルファで付録がついてくるからだと考えてみてはいかがでしょうか。

私自身、コンビニや本屋さんでずらっと並んだ雑誌を見ると、雑誌に興味がなくても付録が豪華でつい手に取ってしまう、そんな経験もあります。

SPRiNGは、例え雑誌に興味がない人でもついつい手が伸びてしまうほど、付録が魅力的なんです!

コスメ、トートバッグ、時計、ポーチなどメジャーな付録はもちろん、夏は手持ち扇風機、冬はファー付きショルダーバッグなど季節に合わせたものまで豊富な種類があります。

引用:SPRiNG2019年7月号より
引用:SPRiNG2019年1月号より

雑誌のスタイル同様、シンプルでお洒落で、実用的な物がついてくるんです。1000円前後で目指すファッションのコスメやバッグ、流行のアイテムがついてくる。もうそれだけでお得です。

しかも雑誌で使用されていたものや、流行りの物が手元にあるだけで、1歩目標に近づけた、とそんな気分になれます。

さらにセブンイレブン、セブンネットショッピング限定増刊号の付録はもっと豪華。なんと付録の一部をカスタムできたり、デザインが違ったり、通常版と見比べて好きな方を選ぶことができるんです。付録はこれだけと縛られず、自分の好みで選べるなんて素敵ですよね。

 

 

引用:SPRiNG2019年11月号より
引用:SPRiNG2019年11月増刊号
より

 

 

発売日

発売日は、月刊雑誌なので毎月23日です。

土日や祝日に被ると、前倒しになります。

値段は月によってバラバラで、2019年の前半6ヶ月だと、1番高い月が5月、6月で1100円(税込)、1番安い月が1月で897円(税込)です。

1冊900円から1000円前後と考えておきましょう。

 

まとめ

今回は、宝島社から出版されているSPRiNGについて紹介しました。

  • シンプルカジュアルなスタイルを軸とした20代から30代まで楽しめる雑誌
  • 付録が驚くほど豪華
  • 毎月23日発売

です。いかがでしたでしょうか?

 

雑誌を見てこんな服私に着こなせるかな?スタイルがいいモデルさんが来てるからオシャレなんでしょ?そう思いましたか?

私も最近ウエストが気になって、気に入る服を買ってもなかなか着る気持ちになれなかったんです。

そんな時に友人からおすすめされた「朝と夜をタピオカに変えるだけ」のダイエット方法で、2日で3kgも痩せて好きな服を着られるようになり、おしゃれが楽しくなりました。

そんなおすすめのダイエット方法はこちら→

私が2日間で3kgも痩せた!タピるだけの超簡単ダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です